バレンタインプレゼント/バレンタインデー.net


バレンタインデー・イメージ

バレンタインデーは、2月14日に祝われ、世界各地で男女の愛の誓いの日とされ日本でも定着しています。

日本

バレンタインデー・イメージ

2012年の流行は、1位はなんといってもメッセージカードをつけること。そのほかには震災地のフルーツを使ったものや、ケースがかわいいものです。

彼氏にあげる場合に、自分が好きなチョコをあげて一緒に食べたり、女の子がお互いに上げたり、家族への感謝の日になっていたりします。

日本でも、バレンタインデーの習慣が定着しています。ただし、その内容は日本独自の発展を遂げたものとなっています。戦前に来日した外国人によって一部行われ、戦後まもなく流通業界や製菓業界によって販売促進のために普及が試みられましたが、日本社会に定着したのは、1970年代後半(昭和50年代前半)でした。女性が男性に親愛の情を込めてチョコレートを贈与するという「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこの頃です。

現代日本社会におけるバレンタインデー文化の、起源、普及過程、社会的機能、歴史的意義などについては、民俗学、社会学、宗教学、歴史学(文化史、商業史)の各分野から研究されるべき事項ですが、バレンタインデーに関するまとまった研究は存在しません。

日本のバレンタインデーの特徴

女性が男性に、愛情の告白としてチョコレートを贈る習慣は日本独自のものです。欧米でも恋人やお世話になった人にチョコレートを贈ることはありますが、決してチョコレートに限定されているわけではなく、またバレンタインデーに限ったことでもありません。女性から男性へ贈るのみで反対に男性から贈ることは珍しいという点と、贈る物の多くがチョコレートに限定されているという点は、日本のバレンタインデーの大きな特徴です。最近ではチョコレートにこだわらず、クッキーやケーキなどを贈る人もおり、また逆に男性が女性に渡すいわゆる「逆チョコ」も僅かながら見られます。

「日本型バレンタインデー」の特徴を整理すると、以下の3点です。

贈答品にチョコレートが重視される点
女性から男性へ一方通行的贈答である点
(女性の)愛情表明の機会だと認識されている点
このほか、職場における贈答習慣が強い点や、キリスト教との直接的関連はほとんど意識されていない点も日本型バレンタインデーの特徴です。

バレンタインデー・ロゴマーク
バレンタインデー.net
バレンタインデー.net

 バレンタインデー.net
 バレンタインデー.net
バレンタインデー.net